2018年01月02日

三島由紀夫の「沈める滝」について

駒ヶ岳は孤独な肩をそびやかしい、空の青い深い静けさを、その存在で守って立っているように
昇には見えるのだが。この山は天界に属しているわけである。
ここは三島の心情がよく出ているところで、超自然な自然に感動するわけである。

もっとも内的なものだけを動かす超絶的な自然を美しく思う昇の、というか三島の純な感動がよく出ているところである。

href="http://novel.blogmura.com/novel_literary/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by 文学の星 at 21:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: